ナイジェリア・ラゴス国際見本市2022への放射冷却素材SPACECOOL®の出展について

SPACECOOL株式会社(以下、「SPACECOOL社」)と丸紅株式会社(以下、「丸紅」)は、2022年11月4日(金)から13日(日)の10日間、ナイジェリア・ラゴスで開催される、同国最大の総合見本市「ラゴス国際見本市2022」にジャパン・パビリオンの一員として、放射冷却素材SPACECOOL®(以下、「本素材」)を出展し、アフリカでの新規市場開拓に取り組みます。

 

ナイジェリアは人口2.1億人を有するアフリカ最大の経済大国で、今後も高い人口増加率を維持し、2040年には4億人を突破すると予測されています。アフリカ最大の市場として注目されている一方、輸送、交通、農業、医療、教育、環境等で社会問題が山積しています。多くの企業が斬新なアイデア、新しい技術等を活用し、問題解決を目指しており、SPACECOOL社と丸紅も、本素材を活用し問題解決の一助となるべく取り組んでいきます。

 

赤道直下のアフリカでは、暑熱環境が特に厳しく、高圧受電設備、太陽光発電所に併設されるパワーコンディショナー(電気変換機)や蓄電池、仮設建築・テント等の膜構造物に対して、暑熱環境対策としての活用を提案していきます。また、食料品の低温流通網が十分に確立されておらず、輸送時の劣化、腐敗によるフードロスや食中毒等が課題となっています。本素材を輸送設備に使用することで、エネルギーを用いずに日射による昇温を抑制でき、アフリカにおける食料流通課題の解決にも寄与できると考えています。

 

SPACECOOL社と丸紅は「ラゴス国際見本市2022」における出展を通じ、現地企業やアフリカに進出する外資企業等、協業先となりうるメーカーや、ユーザー企業・政府機関とのネットワーキングを行い、アフリカ地域でのビジネス展開を目指していきます。

放射冷却素材SPACECOOL®について

本素材は、直射日光下において、宇宙に熱を逃がすことで、ゼロエネルギーで外気温よりも温度低下することを可能にした新素材*です。

 

* 大阪ガス株式会社の独自の光学制御技術を用いて、太陽光の入熱を抑え、熱放射による放熱(熱せられた物体の熱が電磁波(光)として運ばれる現象)を大きくした材料設計により実現(図1)

フィルムと帆布の2種類の製品を開発済(図2-1、2-2)

図1:本素材の概念図
図2-1:製品(フィルム)
図2-2:製品(膜材料)
図3:本素材の冷却性能
図4 用途イメージ

ラゴス国際見本市2022について

ナイジェリア最大の総合見本市となっており、ナイジェリア国内のみならず、世界各国から7万人以上の参加が見込まれます。

 

日時:2022年11月4日(金)~11月13日(日)(会期10日間) 10時00分~17時00分

会場:TAFAWA BALEWA SQUARE タファワ・バレワ・スクエア

URL:https://lagosinternationaltradefair.com/

会社概要

SPACECOOL株式会社

会社名 SPACECOOL株式会社
設立 2021年4月1日
本社所在地 東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズビジネスタワー4F ARCH内
代表者 宝珠山卓志
事業内容 省エネルギー関連の販売・コンサル、環境改善のための製品の販売・コンサル
ホームページ https://spacecool.jp/
お問い合わせフォーム https://www.spacecool.jp/contact2/

丸紅株式会社

会社名 丸紅株式会社
設立 1949年12月1日
本社所在地 東京都千代田区
代表者 柿木真澄
事業内容 国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・物流、食料、アグリ事業、フォレストプロダクツ、化学品、金属、エネルギー、電力、インフラプロジェクト、航空・船舶、金融・リース・不動産、建機・産機・モビリティ、次世代事業開発、次世代コーポレートディベロップメント、その他の広範な分野において、輸出入(外国間取引を含む)及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資源開発等の事業活動
ホームページ https://www.marubeni.com/jp/